Vライン陰毛を剃って脱毛

Vライン陰毛脱毛の自己処理。ということでカミソリなどで剃る方法について考えてみましょう。

自分でできるVラインや陰毛脱毛の方法としては「剃る」というのは最も簡単な方法かもしれません。カミソリがあればすぐにできますので。しかし、そこには自己処理の問題点がありますので注意しましょう。

Vラインや陰毛を剃る際の問題というのは、毛嚢炎、黒ずみ、下着と擦れて痛い、埋没毛etc、かなりあります。

Vラインや陰毛の脱毛に限らず毛を剃るということは皮膚も削り取ることになるので、そこに傷がつき細菌が入ると毛嚢炎を起こす可能性があります。また、陰毛などを剃ると断面が太くなりますし、生え始めの短い陰毛は下着と擦れてチクチクと痛い思いをすることになります。他にも挙げるとキリがありませんが・・・。

大きな問題はVラインの形でしょうか、自分で処理をするとどうしてもキレイに剃れなかったりしますので注意しましょう。

Vラインや陰毛の脱毛方法として「剃る」という方法を選択する場合はそのリスクをよく調べてから行うようにしてください。このサイトでは何度も言っていますが、自己処理をしてもすぐに生えてきます。一番楽なのは永久脱毛をすることです。

医療機関やエステでVラインや陰毛の永久脱毛をやっているところがたくさんありますので、そういったところの情報をよく調べてみると良いでしょう。

最新記事:自分でできるVライン脱毛トップへ
posted by Vライン脱毛 at 11:58 | Vライン脱毛のやり方

脱毛クリームでVライン陰毛脱毛

Vライン陰毛脱毛の自己処理方法として脱毛クリームというのはどうでしょうか。

そもそも脱毛クリームというのは何なのかという話ですが、体毛の皮膚の表面に出ている部分を溶かしてしまう、というものです。

この脱毛クリームをVラインや陰毛の脱毛に使うというのは少々怖いと思いませんか?Vラインの陰毛を溶かしてしまうということは、その部分の皮膚にも必ず影響が出ます。

特に皮膚の弱い方などは考えた方が良いかもしれません。Vラインの陰毛がキレイになったとしても、Vラインの部分の皮膚が汚くなってしまっては本末転倒です。更に、性器近くは粘膜でできていますので、毛を溶かすクリームを・・・なんていうのは危険極まりないことです。

脱毛クリームは毛根を無くすものではありません。結論としてはすぐに生えてきます。剃毛でVラインの脱毛をすることとあまり変わりは無いということです。

もう一つ問題なのは、Vラインに新しく生えてきた陰毛が埋没毛と言って、皮膚の中で伸びてきてしまうこともあるということです。

いくつかの脱毛製品でVラインや陰毛の自己処理を検証してきましたが、これなら間違いはないという方法は見つからないです。

何度も言いましたがVラインや陰毛の脱毛は専門の医療機関やエステなどで行うのが一番です。しばらく通えば永久脱毛もできますので、何度もVラインの自己処理をするという煩わしさから開放されます。

Vラインに限らず色々な部位の脱毛をしてくれるクリニックなどはたくさんあるので色々調べて間違いのないようにして下さい。

最新記事:自分でできるVライン脱毛トップへ
posted by Vライン脱毛 at 21:07 | Vライン脱毛のやり方

脱毛ワックスでVライン陰毛脱毛

Vライン陰毛脱毛の自己処理方法として脱毛ワックスというものもあります。

脱毛ワックスでの脱毛というのは、脱毛ワックスを塗り、一気に剥がすことで脱毛する方法のことです。

市販されているものもありますが、エステなどでも脱毛ワックスでの脱毛ができるところもありますので調べてみると良いと思います。

この脱毛ワックスですがVラインや陰毛の自己処理に使用するとなると、少々難しいような気がします。Vラインや陰毛の脱毛をするとなると気になるのはその形ですが、ワックスで固めてその部分を抜き取るので、塗り方を失敗したりすると形がおかしくなってしまいかねません。広範囲な脱毛には便利かもしれませんが、Vラインや陰毛の脱毛にはちょっとむいてないかもしれないです。

また、脱毛ワックスでのデメリットとしてよく聞くのがその痛みです。かなり痛いとのことです・・・一度塗って固めてしまうともう剥がすしか方法は残ってないので、使用する際は心の準備をしてからにしましょう。

脱毛ワックスは毛を引き抜くものですので、永久脱毛とは違います。Vラインや陰毛の処理をするなら、医療機関やエステで脱毛することをお勧めします。自己処理をしてもVラインの陰毛いくらでも生えてきます。

最新記事:自分でできるVライン脱毛トップへ
posted by Vライン脱毛 at 01:40 | Vライン脱毛のやり方

毛抜きでVライン陰毛脱毛

Vライン陰毛を自己処理する際に一番お手軽なのが毛抜きによる脱毛だと思います。

毛抜きは眉毛などの脱毛にもよく使われるので、だいたいの方は持っていると思われますが、Vラインや陰毛の脱毛に限らず、毛抜きを使用する際のリスクを知っておくことは重要です。

毛抜きでVラインや陰毛の自己処理をするときは、毛嚢炎(もうのうえん)というものに注意しなくてはなりません。

毛抜きなどで陰毛を引き抜くと毛穴が開いた状態のままになってしまいます。そこに雑菌が入り込むと毛嚢炎になる恐れがあります。毛嚢炎になると完治しても黒ずみが残ったり、赤い点々ができてしまったりするので、注意が必要です。また、埋没毛といって皮膚の下で毛が成長してしまうものの原因にもなってしまいます。

Vラインや陰毛脱毛をする際は、医療機関やエステなどのプロに処理してもらうことをお勧めしますが、毛抜きなどでVラインの自己処理をする方は、このようなリスクを知ったうえで、皮膚や器具を消毒して清潔にしてから行うようにしてください。

Vラインの脱毛ということに関して言えば、自分で処理するとキレイな形にならなかったりするので、エステや医療機関で永久脱毛をしてもらう方が楽だと思います。

最新記事:自分でできるVライン脱毛トップへ
posted by Vライン脱毛 at 14:08 | Vライン脱毛のやり方
【ミュゼ】回数無制限・全額返金保証付き!両ワキ+Vライン3,800円脱毛★
【2600円】回数無制限両ワキ脱毛★