Vライン陰毛の脱色

このサイトではVラインや陰毛の脱毛について書いております。脱毛というのとはちょっと違いがありますが、陰毛の処理という視点で脱色というものについて考えてみたいと思います。

陰毛を脱色するということは色を薄くして目立たなくするということなので、水着を着ることを意識してVラインを処理するということとは話が違うのですが、陰毛の処理の種類の一つとしての脱色ということで書いていきます。

陰毛を脱色する際には市販の脱色剤を使うことになるのですが、ご存知の方も多いと思いますがこれらの物はかなり刺激が強いです。Vライン回りに使用する際にはかなり注意が必要ですが、IラインやOラインには使用するわけにはいきません。その場合は他の脱毛方法をお考えください。

実際に陰毛の脱色した方の話では、Vライン回りの陰毛に脱色剤を使用した場合もその刺激は強く、かなりピリピリしたということです。陰毛というのは元々太い物なのでその効果も思ったより得られないことが多いとのことです。使用する際には性器に脱色剤が流れないように最新の注意を払う必要があります。

どちらにしてもVラインや陰毛の脱色についてはちょっと危険すぎるのであまりお勧めはしません。本当に処理を考えるなら永久脱毛をすることがベストだと思います。

最新記事:自分でできるVライン脱毛トップへ
posted by Vライン脱毛 at 19:40 | Vライン脱毛の種類

Vライン陰毛脱毛の自己処理のリスク

このサイトではVラインなどの陰毛脱毛について、医療機関、またはエステなどの脱毛のプロにお願いすることを勧めていますが、どうしても自己処理したいという方のために、Vラインをはじめとする陰毛の自己処理方法とそのリスクについて書きます。

何度も書きましたが、光脱毛やレーザー脱毛と呼ばれるものは医療行為ですので、それらの脱毛方法は自分で行うことは医師でもない限り無理です。

一般的にVラインや陰毛脱毛以外でも用いられる脱毛法でも陰毛脱毛ができますが、そこにはリスクが伴います。エステや医療機関での脱毛では光脱毛やレーザー脱毛が主流なので、素人が行える脱毛方法とは違いますが、リスクに対する処置がしっかりしているので、あまり問題が無いと思います。特に医療機関ならば間違いはないでしょう。

Vラインや陰毛脱毛の自己処理方法としては「引き抜く」「剥ぐ」「溶かす」「剃る」「色を抜く」というところでしょうか。それぞれ「毛抜きで抜く」「脱毛ワックスで剥がす」「脱毛クリームで溶かす」「カミソリで剃る」「脱色剤で色を落とす」ということになるのですが、これらにはそれぞれ危険がありますので、自己処理をする際にはその危険性をよく調べておいてください。

これらの方法でVライン・陰毛脱毛をする方法も紹介しますが、本当にお勧めするのはプロに処理してもらうことです。医療機関やエステの情報をよく見比べて判断してください。

最新記事:自分でできるVライン脱毛トップへ
posted by Vライン脱毛 at 17:33 | Vライン脱毛の種類
【ミュゼ】回数無制限・全額返金保証付き!両ワキ+Vライン3,800円脱毛★
【2600円】回数無制限両ワキ脱毛★