毛抜きでVライン陰毛脱毛

Vライン陰毛を自己処理する際に一番お手軽なのが毛抜きによる脱毛だと思います。

毛抜きは眉毛などの脱毛にもよく使われるので、だいたいの方は持っていると思われますが、Vラインや陰毛の脱毛に限らず、毛抜きを使用する際のリスクを知っておくことは重要です。

毛抜きでVラインや陰毛の自己処理をするときは、毛嚢炎(もうのうえん)というものに注意しなくてはなりません。

毛抜きなどで陰毛を引き抜くと毛穴が開いた状態のままになってしまいます。そこに雑菌が入り込むと毛嚢炎になる恐れがあります。毛嚢炎になると完治しても黒ずみが残ったり、赤い点々ができてしまったりするので、注意が必要です。また、埋没毛といって皮膚の下で毛が成長してしまうものの原因にもなってしまいます。

Vラインや陰毛脱毛をする際は、医療機関やエステなどのプロに処理してもらうことをお勧めしますが、毛抜きなどでVラインの自己処理をする方は、このようなリスクを知ったうえで、皮膚や器具を消毒して清潔にしてから行うようにしてください。

Vラインの脱毛ということに関して言えば、自分で処理するとキレイな形にならなかったりするので、エステや医療機関で永久脱毛をしてもらう方が楽だと思います。

最新記事:自分でできるVライン脱毛トップへ
posted by Vライン脱毛 at 14:08 | Vライン脱毛のやり方
【ミュゼ】回数無制限・全額返金保証付き!両ワキ+Vライン3,800円脱毛★
【2600円】回数無制限両ワキ脱毛★