自分でできる脱毛

Vライン脱毛

Vラインの脱毛のことってなかなか人には聞けないので困りますよね。

やっぱり自分で脱毛するのが手軽で一番いいんですけどね。
色々試した結果、やっぱりカミソリでジョリジョリに戻っていませんか?

Vラインの脱毛ってただ陰毛を剃ればいいってもんじゃないですよね。
剃ったあとの肌がボロボロになってしまったり、何度も繰り返して処理をしなくてはならなかったり・・・・

Vゾーン脱毛

皆さんは、満足のいくVライン脱毛できていますでしょうか。

ところで自己脱毛における満足ってなんでしょう。

ひらめき簡単
ひらめき安心
ひらめき痛くない!
ひらめきバレない(内緒で)
ひらめき肌荒れしない
ひらめき痕が残らない

こんなところでしょうか。

手軽にできるという点ではやっぱりカミソリで自己処理が一番ですけど、
デリケートな部分だけにちょっと怖いですし、肌荒れも心配ですよね。

なによりうまく剃らないとポツポツが残っちゃいます。


Vラインの自己処理は継続が大事


慣れてくるとカミソリでVラインの処理をするのもそう難しくありません。

どんっ(衝撃)でも!

こまめに処理しないとザラザラになってしまって大変exclamation

継続は力なりってこのことだったのかバッド(下向き矢印)なんてことになって続かないんですよねたらーっ(汗)

やっぱりカミソリでVラインの自己処理をするのは難しいです。
一番の問題点はやっぱり

めんどくさい

これに尽きます。

でも剃るのではなく脱毛ならどうでしょう。
脱毛ならそんなに頻繁に処理しなくてもしばらくは生えてきませんね。

脱毛ってやっぱりサロンに行ってするものでしょ?!って声が聞こえてきそうですが、
自宅でできる方法がありました⇒



ちょっと想像してみてください。

あんなに面倒だったカミソリでの自己処理から開放されたら!
そして無理な自己処理を続けていると将来肌がどんどん汚くなってしまうことも・・・

脱毛は自己流じゃなくてしっかりとしたものを使うことが大切なんですね。

簡単、痛くない、衛生的、恥ずかしくない、滑らかスベスベ、

そんな脱毛が簡単にできるとしたら最高ですよね。
これが超スピード脱毛⇒



もし、サロンでの脱毛を希望するなら、おすすめは「ミュゼ」ですね。
今すごく人気があるみたいで、予約するのが大変とか。

CMや広告でバンバン宣伝してますし、何より安いですね〜
なかなか予約が取れないほど人気のミュゼプラチナムですが、
まずは無料カウンセリングから受けてみてはいかがでしょうか。

こちらから空いてる日が検索できますよ。
最新記事:自分でできるVライン脱毛トップへ
posted by Vライン脱毛 at 23:05 | vライン脱毛

vライン脱毛の形

vライン部分の脱毛の形をどうするか、それはvラインの脱毛をする方にとっては結構悩む部分だと思います。結論から言えばvライン脱毛というくらいですからvラインの形v型、いわゆる逆三角形というのが普通でしょうか、あとは縦長の長方形というのがスタンダードなところでしょう。しかし、vライン脱毛の形というのは奥が深いです。縦に何センチ?横に何センチ?と言い始めるとそれはもうきりがないです。

vライン脱毛の形というのはある意味その人の個性ですので、自分の気に入る形ならどんな形でも良いのだと思います。または下着や水着からはみ出ない状態ならそれで良いという方も居るでしょう。元々vラインの毛の形というのは人によって違うものですので、同じ形にしようとしても、微妙に違ってしまったり、脱毛をする範囲も違ってくるでしょう。

vライン脱毛の形を決める便利グッズとして、最近ではvラインの形の型紙のような製品もあるようですが、エステや医療機関で光脱毛やレーザー脱毛を考える方なら、そういったものは必要ではないかもしれませんね。

vライン脱毛の形はズバリ逆三角形、長方形と言えるでしょう。珍しいところで卵型というのもありますが、どっちにしても永久脱毛をするのであれば、陰毛を後で生やすということは難しいので、あまり広範囲で脱毛をしすぎないようにすることが良いかもしれません。vライン脱毛の形で後々後悔しないようにしましょう。

最新記事:自分でできるVライン脱毛トップへ
posted by Vライン脱毛 at 23:17 | vライン脱毛 形

脱毛vライン

脱毛の悩みをかかえている人は多いと思います。ここでは特にvラインの脱毛についての話題ですが、夏が終わり水着の季節では無くなってもvラインの脱毛というのは手が抜けないものです。一度サボるとvラインの陰毛は生え放題ですから、再脱毛時に形を決めるのにも困ることになりますね。vラインとはビキニラインのことですが、最近では夏を意識した脱毛に限らず、年間を通してvラインの脱毛をすることが当たり前になってきているようです。下着のラインからはみ出た陰毛というのは確かに恥ずかしいものです。

vラインの脱毛方法は過去の記事でも色々紹介しておりますが、自分で行える脱毛方法は危険が伴いますので、やはり医療機関などで行っているものを利用するのが無難でしょう。vラインの脱毛を自己処理で行った場合の失敗例なんかも過去の記事で書いてみましたので興味があったら見てみてください。

vラインの脱毛をするならやはり永久脱毛と言われる方法が良いでしょう。vラインの永久脱毛と言っても、一度脱毛をすると永久に生えてこないというものでもありません。何度か通って脱毛をしなくてはなりません。理由としては毛周期というものが関係しているのですが、vライン脱毛と毛周期の関係についても過去記事で触れておりますので参照してみてください。いずれにせよvラインの脱毛が面倒だと思うなら永久脱毛にチャレンジしてみると良いですね。

最新記事:自分でできるVライン脱毛トップへ
posted by Vライン脱毛 at 01:43 | vライン脱毛

Vラインのムダを毛自己処理

Vラインというのはビキニラインのことですが、Vラインのムダ毛というのはビキニラインからはみ出た陰毛ということになるでしょうか。このVラインのムダ毛を自己処理(脱毛)するにはまず形を決めなくてはなりません。Vラインと一口に言ってもその形は人それぞれです。また、ムダ毛の生え方も一人一人違うものです。

Vラインのムダ毛を自己処理するには、毛抜きで抜いたり、カミソリで剃ったりというのが一般的ですが、これらの方法で自己処理をすると色々とデメリットもあるものです。例えば毛抜きで抜くと埋没毛や毛嚢炎といったものに気をつけなくてはなりませんし、カミソリで剃るにも肌荒れや赤みの原因になったりするものです。そして何よりもVラインのムダ毛の周囲というのは、自己処理するには場所的にやりにくいので形がおかしくなってしまったり、見えないところまで脱毛ができない場合もあります。ムダ毛を自己処理するというのはお手軽な反面、実は結構大変なんですね。

Vラインのムダ毛を自己処理(脱毛)する際はその方法をよく調べてから行うようにしてください。失敗してからでは回復じ時間がかかってしまいます。自己脱毛をする機器も販売されていますが、結構お金がかかるものですし、その効果というのは実際に使ってみなくてはわからない場合が多いです。お金をかけるならエステや美容外科などで永久脱毛してもらう方が間違いないと思います。

Vラインのムダ毛の自己処理(脱毛)では他にも脱毛クリームや脱毛ワックスというものを使用している人もいるようですが、刺激が強いものが多いので肌が弱い人にはあまりお勧めできません。特にVラインのムダ毛周辺というのはデリケートな部分なので注意が必要です。腕や足の脱毛に使うような製品を安易にVラインのムダ毛の自己処理に使用するのは危険ですので、そのような脱毛製品の注意事項をよく読んでから使用するようにしましょう。Vラインのムダ毛の自己処理が大変だったり、難しいと感じるならお金はかかりますが、エステや医療機関でのレーザー脱毛なども検討してみるとよいと思います。検討するだけなら無料ですので。

最新記事:自分でできるVライン脱毛トップへ
posted by Vライン脱毛 at 02:02 | Vラインムダ毛 自己処理

Vラインの処理

Vラインの処理方法はたくさんあります。以前の記事にもVラインの処理方法については細かく書きましたが、どのような処理方法を選べばよいのかが難しい点だと思います。Vラインの処理方法について詳しくは

を参照してください。(過去のエントリー)

これらのVラインの処理方法は自分でできる処理方法ですが、自己処理には肌荒れや黒ずみの原因などのリスクもありますので、合わせて調べていただけると良いと思います。

Vラインを自分で処理する以外の方法となると、エステや医療機関でできる光脱毛やレーザー脱毛のような永久脱毛という方法になるかと思います。光脱毛とレーザー脱毛では若干違うのですが、解釈としては医療機関で行うのがレーザー脱毛、エステで行うのが光脱毛、ということで良いと思います。詳しくはVライン陰毛脱毛光orレーザー?に詳しく書きましたのでご覧ください。(過去エントリー)

光脱毛やレーザー脱毛でVラインの処理をするならば、お金もかかることですし、間違いのないようにしなくてはなりません。経験の豊富な医療脱毛ができるクリニックやエステを選びたいところです。また、値段もそれぞれ違いますのでよく調べてみましょう。Vラインの処理をするときには、後で失敗して泣かないためにも下調べが重要です。

最新記事:自分でできるVライン脱毛トップへ
posted by Vライン脱毛 at 12:35 | Vライン 処理

Vライン陰毛永久脱毛

Vライン脱毛や陰毛脱毛を自分で行うことはできますが、毛は毛根や毛乳頭というものが残っている限り何度も再生してくるものです。そこで注目したいのがVラインや陰毛の永久脱毛です。

Vライン陰毛の永久脱毛については、以前の記事でも何度か触れていますが、その方法として一般的なのが光脱毛やレーザー脱毛というものです。では、なぜ光脱毛やレーザー脱毛というものが永久脱毛になるのかについて説明しておきましょう。

永久脱毛の説明をするには、まず毛というものの構造を理解しなくてはなりません。毛は毛穴の一番深い所にある毛乳頭というものから作り出されます。血液の栄養素を取り込んで毛を製造している部分です。Vラインの陰毛に限らず体の毛というのは全てそのように作られているのです。ですから、抜いたり剃ったりする脱毛方法では、この毛乳頭が生きているためにまた新たな毛が生えてきてしまうのです。

レーザー脱毛や光脱毛といった方法では、この毛乳頭を熱の力で壊死させてしまうので、二度と毛が再生されることはなく、永久脱毛と言われているのです。

では、Vラインの陰毛も一度永久脱毛をすれば二度と生えてこないのかというとそれは違います。実は毛には毛周期(ヘアサイクル)というものがあります。これは毛根が働いている時期と働いていない時期とがあるということになるのですが、毛根が働いていない休止期には毛が生えてこないのです。現在体にある毛が毛の全てではないということなんです。そして光脱毛やレーザー脱毛といった永久脱毛法は、この休止期の毛根に対して効果が無いのです。そのため期間を空けて何度も脱毛を行わなくては本当の永久脱毛にはならないというわけです。2ヶ月くらいの周期で1年間施術を行うのが、永久脱毛では一般的だと思いますが、永久脱毛を行うエステや医療機関によって微妙に違うので調べてみると良いでしょう。

Vラインや陰毛の永久脱毛を行う際には、このような基礎的な知識を持ってから行うことが重要でしょう。Vラインや陰毛脱毛の施術を終えてから、各医療機関やエステとトラブルにならないためによく調べてから行動することが大切です。また、その施術方法や値段なども違っていて特色も様々ですので、Vライン陰毛の永久脱毛を行っている機関のホームページもよくチェックして検討してみると良いでしょう。

最新記事:自分でできるVライン脱毛トップへ
posted by Vライン脱毛 at 22:04 | 永久脱毛 Vライン陰毛

Vライン陰毛脱毛の範囲

Vライン脱毛や陰毛脱毛をしようと思ったときに悩むことは多いと思います。自己処理をするか永久脱毛をしようかなどなど。しかしVライン脱毛で一番困るのが脱毛する陰毛の範囲や形ではないでしょうか。

以前の記事にもVラインの範囲に関しては少し書いたのですが、Vライン陰毛の形の話についてもう少し掘り下げて書いてみることにします。

Vライン脱毛を光脱毛やレーザー脱毛といった永久脱毛で行うとなると、専門のクリニックやエステに行くということになります。といってもクリニックやサロンによってVライン脱毛の範囲の定義が各々異なります。Vライン脱毛を足を閉じた状態で見える範囲と定義しているところもあれば、足を閉じた状態はもちろん足を開いた状態でビキニラインからはみ出そうな場所も含めるところもあります。これが問題の種なんですね。先によく確認しておかないとトラブルの元になります。

更には、Vライン陰毛脱毛は足を閉じた状態と足を開いた状態、そしてOライン脱毛やIライン脱毛といったところも絡んでくるのですが、それら全てをVラインと定義しているところもあるので注意が必要です。元々Vラインなんていうのは誰が造ったかわからない言葉ですので正解なんてないんですね。

Vラインの陰毛脱毛を自己処理する場合にはトラブルなんてことはないんでしょうけど、その形や範囲によっては見た目が悪くなるので困りますね。陰毛の形やVラインの範囲について視覚的な情報があれば参考にできると思いますが、場所が場所なだけに画像を載せているところは多くありません。(探せばたまにあります)他に参考になるものと言えばヘアヌード写真なんかでしょうか(あまり卑猥な話をするつもりはありませんが)人に見せることを目的としているので、キレイに手入れされてる方が多いと思います。

Vラインの陰毛の形と範囲について記載してみましたが、それぞれ好みもあると思うので色々調べて参考にしてみてくださいね。


最新記事:自分でできるVライン脱毛トップへ
posted by Vライン脱毛 at 02:11 | Vライン脱毛範囲

Vライン比熱式脱毛のメリット

Vライン脱毛や陰毛脱毛には色々なやり方がありますが、前回の記事で比熱式脱毛というものについて記載しましたが、比熱式脱毛にはどのようなメリットがあるかについて考えてみましょう。

まずVライン脱毛や陰毛脱毛以外にも全身の脱毛に使えるのが比熱式脱毛というものですが、今までの脱毛方法と決定的に違う点は痛くないというところです。Vラインや陰毛を自己脱毛しようと思ったら、結構痛い思いをして更に皮膚病などのリスクを背負うことになります。そしてエステや医療機関の光脱毛やレーザー脱毛であれば安全性は確保できたとしても、その痛みはどうしても我慢しなくてはなりません。

その点比熱式脱毛は全く痛みがないというのです。施術体験者の口コミ情報によると痛みが無いので施術中に寝てしまうくらいだそうです。エステに行っているような感覚だそうです。今までの脱毛と比べると画期的な点はそのあたりということになりますね。

比熱式の脱毛をVライン脱毛や陰毛脱毛の今までの方法と比べてみて更に新しいのはうぶ毛にも効果があるというところです。自己処理をする際にはなかなか産毛までは処理できないという点と、光脱毛やレーザー脱毛は黒いものにだけ反応するので、うぶ毛のような色の無いものには効果がありませんでした。

しかし、比熱式脱毛を永久脱毛という視点で見るとちょっと疑問が残ります。まだ歴史も浅く症例も少ないので間違いなく永久脱毛かどうかというとわからないのです。専門のエステなどでも、個人差があるので断定はできない、というのが本音のようです。今までのVラインや陰毛の脱毛方法に比べて料金も格段に安く手軽にできる比熱式脱毛ですが、そこにはメリットだけではなくデメリットもあるということなのでしっかり調べてから判断するようにしてください。Vライン脱毛や陰毛脱毛での永久脱毛の効果という点ではレーザーや光脱毛よりは劣っていると言わざるをえません。

最新記事:自分でできるVライン脱毛トップへ
posted by Vライン脱毛 at 16:14 | Vライン脱毛非熱式

Vライン陰毛脱毛を非熱式で

Vラインや陰毛の脱毛についての情報を記載しておりますが、非熱式脱毛というものをご存知でしょうか。BCSS(ビューティー クリニカル セーフティー スペシャル)脱毛とも言うのですが非熱式というだけあって熱を使用しない脱毛方法です。

Vライン脱毛や陰毛脱毛などの永久脱毛でよく紹介されるのは光脱毛やレーザー脱毛といった熱を使用して毛根を破壊する方法ですが、それに対して非熱式脱毛BCSSはそのような熱を使わないため「非熱式」と言われています。

ではその非熱式脱毛をVラインや陰毛の脱毛に使用できるかというと一応答えはYESです。非熱式脱毛を導入しているエステなどの公式サイトでVラインの脱毛をメニューに組み込んでいるところがあるという理由だけなので、非熱式脱毛がVラインや陰毛脱毛に関して絶対に間違いはないと保障するものではありませんのでご注意を。心配ならご自分で調べることをお勧めします。

しかし、この非熱式脱毛というのは光脱毛やレーザー脱毛に比べてまだ歴史が浅いということであまり大手でやっているところが見当たりません。そのため情報量も少なくなっていますので正しい情報かどうかはよく吟味してから判断してください。

最新記事:自分でできるVライン脱毛トップへ
posted by Vライン脱毛 at 22:07 | Vライン脱毛非熱式

Vライン陰毛の毛周期(ヘアサイクル)

Vラインの陰毛を永久脱毛するにはレーザー脱毛や光脱毛といった方法が必要ですが、これらの方法は一度の施術でVラインの陰毛が生えてこなくなるという訳ではありません。

その理由は毛周期(ヘアサイクル)というものにあります。Vラインの陰毛に限らず体毛にはそれぞれ毛周期というものがあって、その毛周期に合わせて成長と休止を繰り返します。つまり、成長期の陰毛と休止期の陰毛との時間差でVラインの陰毛は生え続けているわけです。仮に全ての毛の周期が一緒だとするならば陰毛は一斉に成長し一斉に抜け落ちてしまうことになります。

Vラインや陰毛の永久脱毛が一度の施術で終わらないということにはこのような理由があるのです。

Vラインの陰毛の成長する期間は1〜2年と言われております。レーザー脱毛などで効果があるのはこの成長期の毛根のみです。休止期に入っている毛根には効果がないので、やがてその毛根が成長期になると新たに陰毛が生えてくるということです。

レーザーや光などでVラインの永久脱毛をするならば、医療機関やエステによって差は多少あると思いますが、約2ヶ月間隔で10回程施術を受けなくてはなりません。詳しくは各医療機関やエステのサイトを確認してみると良いと思います。

最新記事:自分でできるVライン脱毛トップへ
posted by Vライン脱毛 at 23:22 | Vライン毛周期
【ミュゼ】回数無制限・全額返金保証付き!両ワキ+Vライン3,800円脱毛★
【2600円】回数無制限両ワキ脱毛★